副作用

ミノキシジル育毛剤の効果と副作用

男性用の育毛剤に増えてきている「ミノキシジル」を配合した製品は、育毛に欠かせないものとして世界中で注目が集まっています。
ミノキシジルは元は高血圧用の血管拡張剤として開発された人工の成分ですが、育毛および脱毛症の回復効果が発見された後は育毛剤として製品化されています。
ミノキシジルには血流を促進させる効果があるため、頭皮に塗布することで毛細血管の血流を促進し毛髪を育てます。
中高年以降は代謝が落ちていくため、毛髪を作る機能も低下していきます。
そこで、ミノキシジルのように育毛効果が見込まれる製品を使用する必要があります。

育毛剤に多く含まれるミノキシジルですが、副作用についても知っておきたいところ。
育毛剤で副作用が出るなどとはあまりイメージできませんが、ミノキシジルは基本的に男性用の育毛成分であり、女性が使用する際は配合率の低いものを使う必要があります。
男性の薄毛と女性の薄毛はそれぞれ原因が異なり、女性の場合は女性ホルモンに影響を与えるおそれもあるため、注意が必要です。

ミノキシジルの副作用の症状としては、血管および心臓へ負担がかかるおそれがあります。
元は高血圧の治療に用いられている成分ですから、体内に入ると血管を拡張させ、血流を促進します。
最近では飲むタイプのミノキシジル育毛剤が登場していますが、こちらは有効成分が体内に吸収され、そのぶん副作用が表れやすいと言われています。
人によっては動悸、息切れ、不整脈が起こる可能性もあるため、薄毛治療にタブレットなどを使う場合は医師と相談をしてから服用するようにしましょう。

副作用が現れる原因としては、成分に体が過敏な反応を起こすことで生じると考えられています。
症状としては血管と心臓への負担の他、手足のしびれやむくみなどもあります。
女性にも一定の効果が期待されるミノキシジルですが、使用する前は注意をよく読み、用量や用法を守ってお使い頂くことが大切です。

Copyright(C) 2013 まゆ毛や髪に欠かせない栄養剤 All Rights Reserved.