副作用

まつげ育毛剤とまつげ美容液の違いって?

美容液と育毛剤はそれぞれ、肌と頭皮に付けるものという違いがあります。
しかし最近ではまつ毛専用の育毛剤や美容液が登場し、それぞれまつ毛をケアするアイテムとして女性を中心に人気を呼んでいます。
まつ毛専用の美容液や育毛剤は、かつては栄養を与えツヤを出す成分が含まれていましたが、最近ではさらにまつ毛を育毛する効果のある成分や、まつ毛を健康にする成分などが入るようになり、さらに効果を実感しやすくなりました。

まつ毛用育毛剤と美容液の違いは、それぞれに入っている成分が異なります。
育毛剤にはまつ毛を育てるために血流促進効果のあるセンブリエキスやニンジンエキスなどの自然由来の成分、抹消血管拡張作用、血行促進作用がある酢酸トコフェロールなどが含まれ、頭髪用の育毛剤にもこれらの成分は多く使われています。
まつ毛用美容液には、まつ毛を強く育てるための成分として有機酸やビタミン・ミネラルが多く含まれています。
また化粧水や肌用の美容液でもおなじみのヒアルロン酸も、高い保水力を有する成分としてまつ毛用美容液に多く含まれています。

まつ毛とはそもそも、数週間〜一ヶ月程度で生え変わる毛であり、抜けてしまっても自然に生え変わるサイクルの短い毛になります。
髪の毛とは違い、何年もかけずに元のまつげが生えてくるため、できるだけ長く丈夫な毛を生やしてあげることがポイントです。
ただしサイクルは人によって違いますし、生えやすさや生えにくさも人によって違いますので、しっかり育毛したい方は育毛剤を使用されることをおすすめします。
逆に健康な自まつ毛を長くキープしたい方は、美容液でしっかりとケアをしてあげると良いでしょう。

まつ毛に関しては、育毛剤と美容液のどちらでもケアすることができますが、使うのをやめれば元の状態に戻ってしまいます。
いつまでも長く美しいまつ毛を保つためには、朝と夜もしくはどちらか一方でも良いですから、継続的なケアが一番効果的といえるでしょう。

Copyright(C) 2013 まゆ毛や髪に欠かせない栄養剤 All Rights Reserved.